うまく対応すること

おはようございます!
はーぷかなでりあんの久保田のりこです。
昨日朝の情報番組で快適な睡眠をとるため、エアコンを上手に使いこなそう!
という内容がオンエアされていました。寝苦しい夜が続いていますからね~

エアコンのつけっぱなしは良くないとの考えの人が非常に多いようです。(私もそうでしたが・・・)
でも、専門家の意見によるとつけっぱなしでも何ら問題ないとのこと、むしろつけっぱなしにしてください!その代りに夏掛け布団で体温調節してくださいとのこと。
あと、扇風機も併用していいんだけど直接体に当てるのではなく天井に向けながら首ふりさせて空気を循環させる使い方がベストだとか・・・
まあ、夏は少しくらい汗かきながら寝ているのが健全なような気がしますが・・・
いずれにせよ冷房器具を「うまく使いこなして」元気な夏にしたいものですね。
sunflowers-268015__180.jpg
今日はその「うまく・・・」に関係したお話し。

厚生労働省のHP「こころの耳」というメンタルヘルスのポータルサイトがあります。
その中の一節として・・・・
 技術革新は私たちの生活を豊かにしましたが、一方では、OA化、IT化などの急速な進展は、多くの人に
 とってすぐにはなじむことができず、ストレス要因となって心身の不調を来すことになりました。

 私たちの周囲で起こるすべての出来事は、私たちにとってストレスとなり、そのストレスが大きくなり、
 また長期間継続することで私たちの体は適応限界を超え、結果としてストレス関連疾患という心身の不調
 状態が発生することになります。

 ストレスは、私たちが生きていく上で避けることができないものですが、うまく対応することによって、
 私たちは成長し続けることになります。ストレスに気づき、ストレスに対処することができれば、また、
 多くの人の支援を受けて、適切に対応することできれば、人生を豊かに送ることができます。
 もし、ストレスに押しつぶされそうになったときには、専門家にいち早く相談して、大事に至らないよう
 にすることが大切です。人生のスパイスであるストレスを自分自身でコントロールする術を身に着ける
 ことが、現代社会で求められているのです。・・・・・ (以上引用終わり)

 そう、「うまく対応する・・・」確かに言われるとおりですが、では具体的にどうすればいいのでしょ
 うか?

 ストレス対処行動はコーピングと呼ばれています。スポーツで汗を流して気分転換を図るといった「身体の活動をともなったもの」、苦手意識をなくすために「そもそも生まれながらにして苦手なものなどない」と自分を励ます「思考としての精神作業」、情動の興奮を下げるコーピングとして代表的なものとして位置づけられている「リラクセーション」などがあげられます。
どうしても避けて通ることのできないストレッサー(残業を伴うお仕事が続く場合など)に対しては
①リラクセーションの時間をしっかりとる
②深呼吸をする
③好きな音楽を聴く
④親しい友人と会話する
⑤アロマテラピー、入浴、瞑想
 などを上手に使い分けてみてくださいね。
 イライラ、怒り、不安、恐怖、焦燥感和らげることができます。

今日もあなたにとって素晴らしい日になりますように!
はーぷかなでりあんの久保田のりこでした。

この記事へのコメント